龍澤 彩 教授

RYUSAWA Aya
Eメール: ryusawa@kinjo-u.ac.jp
学位: 学術修士
専門分野: 日本美術史
研究課題: 中近世移行期を中心とする物語絵の制作と受容、源氏絵、御伽草子絵巻
所属学会: 日本美術史

20130121_1

龍澤 彩ゼミ

主に江戸時代までの絵画作品を中心とする美術工芸品を通じて、日本文化への理解を深めることが、ゼミの目標です。たとえば平安時代に著された『源氏物語』や、室町時代から江戸時代初期につくられた、鬼や妖怪、動物たちが活躍する御伽草子など、日本にはさまざまな物語がありますが、それらの多くは、絵巻や屏風、絵本など、さまざまな媒体を通じて享受されてきました。テキストの内容がどのように描かれているか、イメージがあるからこそ伝えられることなど、日本文化が培ってきた豊かな想像力・表現力を学びます。
また、名古屋の文化への関心を深めるために、徳川美術館の所蔵品研究も課題の一つとしています。2年生のゼミでは国宝の「源氏物語絵巻」や「初音の調度」、「徳川美術館の茶道具」など、各自1作品ないし1テーマを選んで、地元名古屋に伝えられた尾張徳川家の至宝について研究をしています。
いずれのテーマの研究でも、まず取り上げる作品とじっくり向き合い、丁寧に読み解いていくことから始めます。

卒業論文としては以下のようなテーマがあげられます。
「春日権現験記絵」の神の顔が描かれる法則性について
上村松園の女性像
絵師 金蔵について
俵屋宗達筆「風神雷神図屏風」について
絵画から読む東西の死生観

それぞれ好きな作品や作家を取り上げ、自分なりの切り口で分析を試みています。

20130121_2